報道各社が6月に実施した世論調査をみると、内閣支持率は5月に比べて横ばいから小幅の上昇になった例が多かった。新型コロナウイルスのワクチンの接種が進み、政府の感染防止策への評価が改善したことが背景にある。日本経済新聞社の6月25~27日の調査では内閣を「支持する」と答えた人は43%だった。前回5月の調査は40%だった。NHKの6月は37%(5月は35%)、共同通信は44%(同41%)になった。