日本学術会議の会員候補6人を菅義偉首相が任命しなかった問題を巡り、拒否理由を明らかにするよう6人が自身の個人情報の開示を請求していたのに対し、内閣府は文書の存在を明らかにしないまま不開示を決定した。