岸信夫防衛相は29日の記者会見で、自衛官に対する新型コロナウイルスワクチンの職場接種を始めたと発表した。7月4日までに陸上自衛隊と海上自衛隊の8施設で4500人に接種する。夏に多発しやすい災害や東京五輪・パラリンピックの開催に備える。陸自の職場接種は九州・沖縄地方の5カ所の駐屯地で先行して始まった。海自は横須賀(神奈川県)、舞鶴(京都府)、佐世保(長崎県)の各地区に置く自衛隊病院が会場になった