自民党の森山裕国対委員長(76)の通算在職日数が7月2日で1430日となり、大島理森衆院議長と並んで歴代最長となる。与党の国対委員長は、国会の円滑運営に向けて野党と交渉する責任者で、所属する派閥は違うが、二階俊博幹事長の信頼は厚い。菅義偉首相とも気脈を通じ、党内での存在感が際立っている。