加藤勝信官房長官は12日午前の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種証明書について、申請受け付けを26日に始めると正式発表した。全国の市区町村の窓口で対応する。申請費用は無料とする。海外渡航向けの発行を目的とし、現時点で国内利用は想定しないと説明した。加藤氏は「接種証明書を提示することで防疫措置の緩和などが認められる国や地域に渡航する場合に限り、申請いただくようお願いする」と呼びかけた。