菅義偉首相は12日、大規模な土石流被害が発生した静岡県熱海市の被災地を視察した。大雨被害をもたらす線状降水帯について「予測するための資機材(の導入)や(研究)開発を思い切って前倒しで進めたい」と述べた。地元首長らとの意見交換後、記者団に答えた。線状降水帯には「解明されていない部分がたくさんある」と指摘した。被災地の生活支援や産業の復興に向け「政府ができることは