公明党顧問の漆原良夫前衆院議員は12日、自身のホームページで西村康稔経済財政・再生相の発言を批判した。緊急事態宣言下で酒類を提供する飲食店に金融機関や卸売業者からの働きかけを求めたことに「内閣の品格を貶(おとし)める」と指摘した。「優越的地位を利用して政府の意に従わない『飲食店』に圧力をかけさせる手法は健全な行政の執行とは言えない」と強調した。「このような陰湿な手法は内閣の品格を貶めるものだ。