【ワシントン=鳳山太成】米議会の独立委員会は13日、先端技術の国際協力を議論する国際会議を開いた。日本の井上信治・科学技術相はオンラインの討論で「日米豪印(Quad=クアッド)での新興技術の協力が重要」と述べ、人工知能(AI)やデータ流通の連携強化に意欲を表した。米政府や議会に政策を提言する「AI国家安全保障委員会」(委員長・グーグルのエリック・シュミット元最高経営責任者=CEO)が主催した。