23日に行われる東京オリンピックの開会式に、大会名誉総裁の天皇陛下が出席され、開会宣言する方向で調整が進んでいることが14日、政府関係者への取材で明らかになった。新型コロナウイルスの影響で無観客開催となり、大会関係者の出席が大幅に絞り込まれていることを考慮し、皇后雅子さまの出席は見送られる方針。