加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、広島への原爆投下後に降った「黒い雨」の健康被害を巡り、国の定めた援護区域外にいた住民らを被爆者と認めた広島高裁の判決について、「国側の主張が認められなかった。今後の対応については、関係省庁で判決の内容を十分精査し、広島県・市と協議したうえで対応していく」と述べ