加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、欧州連合(EU)欧州委員会が2023年から暫定導入する計画を示した国境炭素調整措置(CBAM)に言及した。「透明性を持った情報提供や説明を求める」と指摘した。CBAMはEU域外の環境規制の緩い国からの輸入品に事実上の関税をか