7~8月は霞が関の省庁で2022年度の予算に盛り込む政策の検討がたけなわとなる。財務省の概算要求基準のルールに基づき各省庁が8月末までに概算要求を提出する。この基準はシーリング(天井)と呼ぶ。誕生から60年以上がたったシーリングは形骸化が鮮明になっている。「こんな基準なくしてしまえばいい」。6日に自民党本部で開いた会合で、議員からシーリングの案に批判が出た。ある出席者は「予算にメリハリがきく内