菅義偉首相は17日、衆院解散前の内閣改造に慎重な意向を示した。現体制で新型コロナウイルス対策を継続するとの判断だ。ワクチン接種を希望するすべての人への接種完了の目標は「10~11月の早い時期」と前倒しに意欲をみせた。首相は読売テレビに出演し、ワクチン接種について「いまの内閣で全力を挙げることが大事だ」と語った。「最優先にすべきはコロナ対策だ」と話した。獲得議席が想定を下回った都議選や酒類提供