菅首相(自民党総裁)は17日の読売テレビの番組で、9月末の任期満了に伴う党総裁選に再選を目指して立候補する意向を表明した。早期に出馬を宣言することで、内閣支持率の低迷を受けた「菅降ろし」の動きをけん制し、総裁選の主導権