18日投開票の兵庫県知事選で共同通信社が実施した出口調査によると、分裂選挙となった自民党の支持層では、党推薦候補の斎藤元彦氏に投票した人は48.0%、一部県議らが支援した金沢和夫氏は39.8%と対応が分かれた。県内で一定の勢力を持つ日本維新の会からも推薦を得た斎藤氏は、同党支持層の81.8%を固め、差を広げた。斎藤氏は各年代から幅広く支持を集め、「支持政党なし」とした無党派層の41.2%を取