東京オリンピック期間中の文在寅(ムンジェイン)韓国大統領の訪日見送りで、日韓両国は関係改善に向けた「好機」を逸する形となった。大きな要因となったのは、儀礼的な外交の場にもかかわらず、「成果」を伴う首脳会談の実現を強く求めた韓国の姿勢だ。在韓日本大使館総括公使の「不適切発言」もダメ押しとなった。