共産党の小池晃書記局長は19日の記者会見で、国民民主党と連合の政策協定で排除すべき対象とされた「全体主義」という文言を巡り、国民の玉木雄一郎代表が「共産党のことだ」と名指ししたことについて、「撤回されるべきだ」と述べて不快感を示した。次期衆院選に向けた国民との候補者調整については「(玉木氏の)対応