加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、中国政府が関係するハッカー集団によるサイバー攻撃について「我が国の企業が同グループによる攻撃の対象になっていた」と明らかにした。「悪意あるサイバー攻撃は看過できず、国家安全保障の観点からも強く懸念するもので、断固非難する」と中国側に申し入れたという。