自民党の二階俊博幹事長は20日の記者会見で、東京五輪開会式の楽曲制作を担っていたミュージシャンの小山田圭吾氏が、過去にいじめを告白した問題で辞任したことに言及した。「答弁の必要もない」と述べ