自民党が大勝した2012年12月の衆院選で初当選した同党のいわゆる「魔の3回生」にとって、秋までにある次期衆院選は直近3度の選挙と様相が異なる。初めて安倍晋三氏でない党総裁の下で戦う選挙になるからだ。衆参合わせて390人ほどの自民党議員のうち80人程度を占める。不祥事を起こして離党や議員辞職に追い込まれる例が相次いだことから「魔の」という枕ことばがつくようになった。当選回数別では党内で最も多