領空侵犯の恐れがある外国機に対する航空自衛隊の緊急発進(スクランブル)が、任務開始から63年余で累計3万回に達した。防衛省が20日に発表した。中国の海洋進出の活発化を背景に、近年はハイペースで増加しているという。