【パリ=白石透冴】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は22日、文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を巡り、日本の対応に「強い遺憾」を表明する決議を採択した。朝鮮半島出身の労働者を巡る説明が不十分だと指摘した。同遺産は長崎市の端島(通称・軍艦島)などで構成する。拘束力はないものの日本が対応を迫られる可能性がある。同委員会は日本政府に2022年12月1日までに取り組みを報告するよう求め