菅義偉首相は23日、都内で米製薬大手ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)と会談した。新型コロナウイルスワクチンについて協議した。首相は同社が10月以降に予定している供給量の前倒しを要請した。迎賓館で朝食を交えながら1時間程度、会談した。ワクチン担当の河野太郎規制改革相が同席した。政府の発表によると、首相は日本の新型コロナの感染状況やワクチン接種の進捗を説明した。両氏はその後