菅義偉首相は前任の安倍晋三前首相と同様に新型コロナウイルスの感染拡大から半年強で退陣に追い込まれた。両氏ともワクチン確保やPCR検査の拡大などで厚生労働省を動かせず政権の体力を失った。首相は9日の記者会見で「1本で対応できる組織が必要だ」と厚労行政の改革を訴えた。「承認が2カ月遅れた。ワクチン対応が評価されなかったのが一番残念だ」。首相が近い人間に悔やむのはワクチンを巡る初動だ。主要7カ国(