菅義偉内閣がこの1年で成し遂げた実績は多い。2050年のカーボンニュートラル実現を宣言し、デジタル庁を設置した。携帯電話料金を引き下げ、新型コロナウイルスのワクチン接種を一気に広げた。こうした成果が十分に評価されず、首相は自民党総裁選への不出馬を表明するに至った。単なる説明不足を超えて2つの理由がある。第1は医療に関する鉄のトライアングル、いわゆる「厚生ムラ」を崩せなかったことにある。医師会