自民党の「異端児」と称されてきた河野太郎行政改革相がトップの座をめざして動き出した。党のしがらみに縛られぬものいいは、時にハレーションを生んできた。持論としてきた政策の「封印」が吉と出るか凶と出るか…