政府は、国と地方自治体が災害時に情報を共有する新たなシステム「防災デジタルプラットフォーム」(仮称)を創設し、2024年度にも運用開始する方針を固めた。インフラ(社会基盤)の被災状況などを国と自治体が共有し、迅速な対応