自民党総裁選への出馬を表明した高市早苗前総務相は12日のフジテレビ番組で、靖国神社への参拝に米国の理解を求める考えを示した。「米国や中国に互いの国の命を落とした方に敬意を表しあおうという働きかけを一生懸命する」と語った。「外交問題にしようとするほうが問題だ」と指摘した。「信教の自由がある」と述べ、総裁選に勝利し首相に就任しても参拝を続ける意欲を改めて強調した。高市氏は選択的夫婦別姓について、