立憲民主党は13日、選択的夫婦別姓の早期実現を柱とする「多様性を認め合う」社会の実現のための政策を発表した。次期衆院選で公約として重点的に訴える。LGBT(性的少数者)への差別をなくし、同性婚を可能にする法制度の整備も盛り込んだ。自民党内で議論がまとまりにくい社会的な価値観に関わる政策を掲げる。立民の枝野幸男代表は国会内での記者会見で「自民党では実現しない、政権をかえなければできないことだ」と