【ソウル=恩地洋介】北朝鮮が13日、新型の長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと明らかにした。1500キロメートル飛行し目標に命中したと主張しており、射程に入る日本の新たな脅威となり得る。日米韓の高官協議など周辺国の外交日程に合わせた可能性もあり、国際社会に軍備増強の意志を誇示する意図があるとみられる。朝鮮中央通信によると、発射実験は兵器の開発機関である「国防科学院」が11、12両日に実施し