加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、共産党の志位和夫委員長が、党内で1950年代以降に使われた「敵の出方論」という表現を使用しない方針を表明したことに関し、「日本共産党の、いわゆる敵の出方論に立った暴力革命の方針に変更はないものと認識している」と従来の見解を繰り返した。