自民党の原子力発電所のリプレース(建て替え)を推進する議員連盟は15日、国会内で会合を開いた。新しいエネルギー基本計画の原案を撤回し、原発のリプレースを明記するよう求める決議をまとめた。党総裁選の候補者に渡し見解を示すよう要望する。議連は細田派の稲田朋美元防衛相が会長を務める。経済産業省は7月に公表したエネルギー基本計画の原案でリプレースを記さなかった。今秋の閣議決定を予定する。議連の決議は