菅義偉首相が「サプライズ」を放ったのは、就任直後の臨時国会だった。「積極的に温暖化対策を行うことが産業構造や経済社会の変革をもたらし、大きな成長につながる」。2020年10月の所信表明演説。首相は「50年までに国内の温室効果ガス排出量を実質ゼロにする」と表明した。温暖化対策を「成長戦略の柱」と位置