菅義偉首相は16日、政権発足1年を受け「国民の命と暮らしを守ることを最優先に新型コロナウイルス対策に明け暮れた1年だった」と述べた。「最後の一日まで国民のために働く内閣として全力で働きたい」と強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。ワクチンの接種進展に触れ「国民の不安を一日も早く無くし、かつての生活を取り