河野太郎行政改革担当相は16日、報道各社のグループインタビューに応じ、選択的夫婦別姓と同性婚の制度化について「いずれも賛成だ。こういう価値観が問われる問題については、国会で党議拘束をやめて、広くご議論をいただくのがいいのではないか」と述べた。