自民党総裁選に立候補を表明している河野太郎規制改革相は16日、報道各社のグループインタビューに答えた。同性婚と選択的夫婦別姓制度に賛成する意向を示した。「いずれも賛成だ。価値観が問われる問題は党議拘束をやめ、広く議論するのがいい」と話した。年金制度の改革に言及し「年金に最低保障が必要だ」と表明した。財源は「消費税がいいのではないか」と語り、保険料ではなく税方式で最低保障年金を検討すべきだと主張