自民党総裁選は7派閥のうち6派閥が事実上の自主投票とし、4陣営に複数の派閥議員が分散した。派閥側には、混戦を見越して誰が勝ってもいいように「保険をかける」(二階派幹部)思惑が透ける。