自民党総裁選に立候補した4人の候補者が演説で用いたことばを分析すると、政治姿勢や重視する政策が浮かびあがる。4人がそろって訴え、内容を競い合うのが保守政治のあり方だ。新型コロナウイルス対策や経済対策、社会福祉、安全保障など各候補が重点を置く分野は異なる。キーワードの登場頻度や特異性などを文字の大きさで示す「ワードクラウド」の手法を使い、17日の4候補による演説の特徴を可視化した。ビッグデータ分