自民党総裁選の立候補者による日本記者クラブ主催の討論会が18日、東京都内で開かれ、河野太郎行政改革担当相(58)、岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)、野田聖子幹事長代行(61)の4氏が論戦を交わした。新型コロナウイルス対策や「ポストコロナ」のあり方、原発を含むエネルギー政策、年金